女性を惑わせ 虜にする男性用 モテ フェロモン香水



ブルーフェロモン BLUE pheromone by LAYERED FRAGRANCE 50ML
【香水 レディース 香水 メンズ フェロモン香水】

 
 異性を引き付けるフェロモン香水ってなに?その効果
香水は昔から個性や性的魅力のアピールに活用されてきました。その香水に、ヒトフェロモンという化学物質を混ぜて作られる「フェロモン香水」があります。フェロモン香水を使うことで、一体どんな効果があるのでしょうか?その使い方も含めて、おすすめフェロモン香水をご紹介したいと思います。
「いい男」や「いい女」はいい匂いがするもの、そんなイメージを抱いてはいませんか?
香りの記憶は強烈に記憶として残ると言われています。匂いは人間の中で一番原始的な感覚と言われており、周囲の相手との相性も匂いで決まってしまうとされています。 それは五感の中で、嗅覚が神経系に直接的な影響を与えて、最も短時間で脳に到達するためです。明確に意識する間もなく、瞬時に好感度を上げたり気分を良くさせたり、相手を男らしい・女らしいと判断するのです。
そのため、香水は昔から人間の個性や性的魅力のアピールに活用されています。例えば石鹸の香りがすると、相手の方に清潔感を感じられたりしますよね。自分がいい匂いと感じた相手に対し、好意を抱きやすくなります。
人間には「フェロモン」という物質が、汗腺の一つであるアポクリン腺というところから分泌されています。アポクリン腺は脇、陰部、耳、肛門などにあります。そもそもフェロモンとは、動物が体から発する物質のことで、同じ種族の個体同士のコミュニケーションに用いられる化学物質のことです。一方フェロモン香水は、「ヒトフェロモン」という化学物質を香水に混ぜたものを指します。

 フェロモン香水の効果は
人間は左右の鼻の中に存在する鋤鼻(じょび)器官という大変小さな部位でフェロモンを感知することができます。鋤鼻器官は嗅覚とは違い、匂いを感知するのではなく、視床下部に作用します。視床下部とは、体温調整や食欲、異性への興味に働きかける場所となります。
人間の大事なタンパク質の遺伝子情報が含まれている「主要組織適合遺伝子複合体(MHC)」は、親や兄弟など遺伝子的に近縁な人同士は似ていますが、個体間の違いが極めて大きいです。人は多様な種類のMHC遺伝子を持っていると病気にならないため、女性は強い子孫が欲しければ自分と異なるMHC遺伝子を持っている異性をパートナーに選ぶと良いとされていて、女性は本能で強い子孫を残すため、無意識のうちに男性の遺伝子情報を嗅ぎ取っています。
とは言っても、MHCは「匂い」があるわけではありません。女性が特定の一人を選ぶためにフェロモンを判断基準に、遺伝子情報を感じ取っているというわけです。
そうなると、「フェロモン香水でモテる!」という科学的根拠も、個々の遺伝子情報により変わってくるということになりますが、そこで発揮されるのが「プラシーボ効果」と呼ばれるものです。プラシーボ効果とは、偽物の薬を本物だと信じ込むことで何らかの効果がみられる現象のことを言います。例えるなら、ビタミン剤を「頭痛薬だよ」と言われて飲むと頭痛が治った気がする、という自身の思い込みの効果です。
フェロモン香水をつけることによって自分は魅力があると思い込み、自信が持てて、態度や仕草、行動が変わったりすることで異性からの高評価を得られる場合もあるそうです。「良い匂い」がする相手に対し「良い印象を抱く」というのは、見た目だけの第一印象に限らず相手の脳に植え付ける効果は高いため、意中の相手が居る方であれば、その方の好みの香りを身にまとうのが良いかもしれません。

 フェロモン香水の使い方
いい香りをしっかり出して、効果を上げたいですね。フェロモン香水と言っても、香水と同じなので、体温の高いところにつけるのがおすすめです。体温の高いところというのは、大きな血管があるところになります。
   ●
   ●手首
   ●耳のうしろ
   ●内股
   ●おへそ周り 脇の下
につけると効果的です。しかし、勢いあまってつけすぎてしまったり、洋服にかけすぎると香りがきつくなり逆効果という事にもなりかねないので、自分の体臭と合わさる肌へ程々につけるのが良いです。 






 
ブルーフェロモン BLUE pheromone by LAYERED FRAGRANCE 50ML
【香水 レディース 香水 メンズ フェロモン香水】


 Copyright (C) 2019 【女性を惑わせ 虜にする男性用 モテ フェロモン香水】